マイホームの頭金は平均いくら?住宅種別・都道府県別に徹底解説

住宅ローンを組むときに、必ず出てくるキーワードが「頭金」です。

マイホームを買うときに、「頭金はなるべくあったほうがいい」とか「頭金なしでも住宅ローンを借りられる」といった話がありますが、そもそも頭金とはどのようなお金のことでしょうか?

こちらでは、頭金とはどのようなものか、平均いくらぐらいが相場なのかについて、わかりやすく解説していきます。

主な要点
  • 頭金とは
  • 頭金は平均いくら?
  • 住宅種別ごとの頭金はいくら?

頭金とは

頭金とは、一般的に 『土地や建物の購入費から住宅ローン借入額を除いて支払えるまとまったお金』のことです。

土地や建物の購入費-住宅ローン借入額=頭金

頭金は現金で支払いますが、現金が必要なのは頭金だけではありません。

土地や建物を購入する際には、住宅ローン手続き費用、不動産取得などの税金、引越し代、家具購入費などの諸費用がかかります。

諸費用も現金で支払わなければいけませんので、手元にある預貯金のうち、頭金と諸費用を合わせた金額が自己資金になります。

頭金+諸費用=自己資金

手元にある預貯金のうち、いくらぐらいを自己資金に充てるのかによって、頭金がいくら出せるかが決まります。

 

マイホームの頭金はいくら?

マイホームを購入あるいは建てるときに、頭金がいくらなのか相場が気になりますよね。

頭金がいくらになるのか、データを解説しているサイトがありますが、全体で頭金の平均を出しているデータは注意が必要です。

なぜ注意が必要かについては、後ほど説明します。

今回、頭金の相場としていくらになるのか住宅金融支援機構が公開している全期間固定金利型住宅 ローン「フラット35」の利用者データをもとに説明していきます。

全期間固定金利型住宅 ローン「フラット35」の利用者データ
年度購入金額
(万円)
頭金
(万円)
フラット35
借入金(万円)
その他
借入金(万円)
頭金の割合
2011年3,265.5502.22,528.5234.815.4%
2012年3,257.2476.32,632.0148.914.6%
2013年3,318.0576.72,623.6117.817.4%
2014年3,332.6552.32,649.4130.916.6%
2015年3,462.1534.22,814.9113.015.4%
2016年3,494.7471.82,898.0124.813.5%
2017年3,537.3447.32,950.4139.612.6%
2018年3,574.8426.82,989.3158.711.9%

こちらは、年度別に「購入金額」「頭金」「フラット35借入金」「その他借入金」「頭金の割合」にまとめたものです。

データは、フラット35を利用したすべての利用者のデータです。

その他借入金には、親・親戚などフラット35以外で借りた金額のことです。

2011年の頭金の平均は502.2万円ですが、2018年は426.8万円と年々下がっているのが分かります。

購入金額に対する頭金の割合では、直近2018年度で、11.9%とかなり低い水準です。

購入金額の2割はウソ!?

よく頭金は、購入金額の2割程度がよいと言われていますが、2011年から15.4%とかなり低い水準です。

購入金額が年々が高くなっている影響もありますが、どの年も2割を切っており、400万円台で頭金をだしている人が多いことが分かります。

頭金額別の世帯数の割合

こちらは、2018年度データを頭金額別に世帯数で分けたデータです。

2018年度頭金額別の世帯数の割合
頭金額世帯数割合頭金額世帯数割合
頭金なし18,59523.9%1,500万円~1,600万円5770.7%
100万円未満14,10618.2%1,600万円~1,700万円4580.6%
100万円~200万円3,9535.1%1,700万円~1,800万円4530.6%
200万円~300万円5,6577.3%1,800万円~1,900万円4460.6%
300万円~400万円8,15610.5%1,900万円~2,000万円3690.5%
400万円~500万円6,0127.7%2,000万円~2,100万円3670.5%
500万円~600万円3,8164.9%2,100万円~2,200万円2590.3%
600万円~700万円2,4393.1%2,200万円~2,300万円2230.3%
700万円~800万円2,0852.7%2,300万円~2,400万円2160.3%
800万円~900万円1,8502.4%2,400万円~2,500万円1920.2%
900万円~1000万円1,3461.7%2,500万円~2,600万円1800.2%
1,000万円~1,100万円1,3821.8%2,600万円~2,700万円1310.2%
1,100万円~1,200万円9691.2%2,700万円~2,800万円1450.2%
1200万円~1,300万円8831.1%2,800万円~2,900万円1350.2%
1,300万円~1,400万円6980.9%2,900万円~3,000万円1270.2%
1,400万円~1,500万円6400.8%3,000万円以上8151.0%

こちらのデータで一番多い割合は、「頭金なしで23.9%」で、次に多いのが「頭金100万円未満の18.2%」です。

2018年度の頭金平均は426.8万円でしたが、100万円単位で確認すると、頭金なしを含めて100万円未満の方が、42.1%と半分近くいることが分かります。

実は、頭金1,000万円以上出している方は、全体の12.4%を占めており、頭金の平均を上げている要因でもあるのです。

数だけで見ると、頭金なしや100万円円未満でマイホームを購入している方が多いことが分かります。

地域別の世帯数の割合

こちらは、2018年度データを「首都圏」「近畿圏」「東海圏」「その他地域」の4つの地域別に世帯数で分けたデータです。

2018年度地域別の世帯数の割合
頭金なし首都圏
世帯数
割合近畿圏
世帯数
割合東海圏
世帯数
割合その他地域
世帯数
割合
頭金なし9,06432.3%3,65534.5%2,17032.5%3,70616.3%
100万円未満6,56923.4%1,83317.3%1,41021.1%4,29418.9%
100万円~200万円1,7216.1%6656.3%3625.4%1,2055.3%
200万円~300万円1,8516.6%8107.6%4997.5%2,49711.0%
300万円~400万円2,2688.1%1,08610.2%6489.7%4,15418.3%
400万円~500万円1,9917.1%8668.2%5548.3%2,60111.5%
500万円~600万円1,4855.3%5735.4%3445.2%1,4146.2%
600万円~700万円9793.5%3773.6%2193.3%8643.8%
700万円~800万円8333.0%2882.7%1892.8%7753.4%
800万円~900万円7372.6%2502.4%1602.4%7033.1%
900万円~1000万円5341.9%2041.9%1221.8%4862.1%

それぞれの地域は、以下の区分で分けられています。

地域区分
首都圏東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
近畿圏大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県
東海圏愛知県、岐阜県、静岡県、三重県
その他地域首都圏・近畿圏・東海圏(三大都市圏)以外の地域

データを確認すると「首都圏」「近畿圏」「東海圏」は、頭金別のデータと同様に「頭金なし」「100万円未満」の合計が50%を超えています

しかし、それ他の地域では、一番多いのが「100万円未満の18.9%」で、次に多いのが「300万円~400万円の18.3%」となっています。

3番目に多いのが「頭金なしの16.3%」ですが、三大都市圏と比べると半分程度の割合しかいません。

つまり、大都市圏と地方によって頭金の相場に違いがあるということです。

地方の方は、比較的、頭金を貯めてから家を購入する傾向にあることがうかがえます。

都道府県別の世帯数

こちらは、2018年度データを都道府県別に世帯数で分けたデータです。

2018年度都道府県別の世帯数
頭金
なし
100万円
未満
100万円

200万円
200万円

300万円
300万円

400万円
400万円

500万円
500万円

600万円
600万円

700万円
700万円

800万円
800万円

900万円
900万円

1,000万円
北海道268234841853321849754405620
青森県393372754231410593
岩手県961273287104634015261110
宮城県165233511001541065938373120
秋田県9671281151013430911106
山形県326012375333181313116
福島県111141426287663816222114
茨城県3854531021472471647345504728
栃木県27836372135182996942262717
群馬県343473741331961206539393322
埼玉県1,9191,60341647761644428015916815695
千葉県1,1761,0192583104123021881201089477
東京都3,5202,205587613706755625456356310231
神奈川県2,4491,742460451534490392244201177131
新潟県77733664138683924262024
富山県916122764472720181514
石川県14119205728211081112
福井県3832102838201114743
山梨県149202631191861085238272020
長野県868531641531016141382524
岐阜県3311634782111814328222210
静岡県43731073961531528643463133
愛知県1,246779197244268255171122958461
三重県1561584577116664426262318
滋賀県199162496790563119121916
京都府3081315669100673828231522
大阪府1,87982328833446441729019014112588
兵庫県1,077536211248329251167110886763
奈良県1368333524732251312166
和歌山県56982840564322171289
鳥取県753610301100
島根県22041102010
岡山県10118244801721327642444024
広島県120164531322451608654605339
山口県3565204867463221202015
徳島県6171414191089566
香川県2433123680443027252615
愛媛県31442947543021126126
高知県17211029845424914137
福岡県5835511783035424072111291009661
佐賀県99112256497663718131211
長崎県565625498949222061412
熊本県13420651801841386633292623
大分県106892676116752422231111
宮崎県4634103958251361253
鹿児島県7576261091477230221686
沖縄県783014314325209894
頭金
なし
100万円
未満
100万円

200万円
200万円

300万円
300万円

400万円
400万円

500万円
500万円

600万円
600万円

700万円
700万円

800万円
800万円

900万円
900万円

1,000万円

各都道府県で一番多い頭金額には、赤文字でマークしていますので、お住まいの頭金平均がいくらなのか確認しましょう。

傾向としては、三大都市圏では、頭金なしで住宅を購入している人が多いです。

その他地域については、東北地方で100万円未満が多く、西日本では300~400万円くらい頭金を貯めてから家を購入する傾向にあることがうかがえます。

住宅種別ごとの頭金はいくら?

ここまで、フラット35を利用したすべての利用者のデータから頭金額別・地域別で頭金の平均を見てきましたが、住宅種別で頭金の平均を見るとまた違った結果になります。

フラット35のデータは、以下の住宅種別ごとのデータもありますので、それぞれについてみていきます。

  • 新築建売住宅
  • 新築注文住宅
  • 新築土地付注文住宅
  • 新築マンション
  • 中古戸建住宅
  • 中古マンション

新築注文住宅とは、建物建設費をフラット35で借り入れていて、土地購入費はフラット35で借り入れていないものが対象となっています。

データからみても、もともと土地持ちの方が新築住宅を建てる際にフラット35を借りたという方が多いとと思います。

新築土地付注文住宅は、建物建設費・土地購入費ともにフラット35で借り入れた方が対象となります。

新築建売住宅
年度購入金額頭金フラット35借入金その他借入金頭金の割合
2011年3,320.6452.72,432.1435.813.6%
2012年3,206.4399.22,661.4145.812.4%
2013年3,319.6543.32,598.9177.416.4%
2014年3,280.0450.02,675.3154.813.7%
2015年3,319.5409.42,774.9135.212.3%
2016年3,337.8313.12,850.0174.79.4%
2017年3,336.8302.02,847.1187.79.0%
2018年3,442.1293.22,944.5204.58.5%
新築注文住宅
年度購入金額頭金フラット35借入金その他借入金頭金の割合
2011年3,030.0606.12,222.1201.920.0%
2012年3,050.7603.12,299.6148.119.8%
2013年3,637.3463.13,078.895.512.7%
2014年3,125.1695.52,352.177.522.3%
2015年3,245.2696.92,478.669.721.5%
2016年3,319.8682.32,568.968.520.6%
2017年3,358.5651.12,633.474.019.4%
2018年3,395.1636.52,677.481.318.7%
新築土地付注文住宅
年度購入金額頭金フラット35借入金その他借入金頭金の割合
2011年3,606.8431.63,015.2160.012.0%
2012年3,561.6356.43,077.6127.610.0%
2013年3,043.0654.72,329.458.921.5%
2014年3,743.0498.63,100.2144.313.3%
2015年3,897.9497.33,284.2116.412.8%
2016年3,954.8461.53,371.8121.511.7%
2017年4,039.2450.23,448.4140.611.1%
2018年4,112.6447.03,496.8168.810.9%
新築マンション
年度購入金額頭金フラット35借入金その他借入金頭金の割合
2011年3,839.9802.72,746.1291.120.9%
2012年3,757.6741.52,765.4250.619.7%
2013年3,861.5850.32,815.8195.422.0%
2014年3,967.6837.42,944.7185.521.1%
2015年4,249.7889.33,201.2159.220.9%
2016年4,266.7739.83,370.6156.317.3%
2017年4,348.4705.63,476.2166.516.2%
2018年4,437.2714.13,544.1179.016.1%
中古戸建住宅
年度購入金額頭金フラット35借入金その他借入金頭金の割合
2011年2,224.7176.61,866.6181.47.9%
2012年2,183.5262.81,843.677.012.0%
2013年2,252.7337.11,821.594.115.0%
2014年2,237.6278.51,867.092.212.4%
2015年2,279.0239.31,951.488.310.5%
2016年2,305.4212.71,980.8111.89.2%
2017年2,392.9208.32,058.7125.88.7%
2018年2,473.3203.02,132.1138.18.2%
中古マンション
年度購入金額頭金フラット35借入金その他借入金頭金の割合
2011年2,505.4301.32,002.3201.812.0%
2012年2,509.5371.02,047.690.914.8%
2013年2,561.8454.81,996.4110.717.8%
2014年2,580.1425.92,058.395.916.5%
2015年2,692.2372.92,215.1104.213.9%
2016年2,797.1319.52,349.2128.311.4%
2017年2,844.5318.12,389.4136.911.2%
2018年2,982.5310.52,522.5149.410.4%

建物種別ごとの年度の推移をチェックしてみると、新築建売住宅と中古戸建住宅が頭金の割合が低いことが分かります。

2018年度で8%台とかなり低い割合です。

新築注文住宅と新築土地付注文住宅を比較すると、基本的に土地代がかかっていない利用者は、お金に余裕があるので、20%前後で推移しているのが分かります。

建物種別ごとで分析してみると、頭金の相場も異なることが分かります。

頭金額別の世帯数の割合

こちらは、2018年度データを新築建売住宅頭金額別に世帯数で分けたデータです。

 

新築建売住宅
頭金世帯数割合頭金世帯数割合
頭金なし5,64733.2%500万円~600万円5223.1%
100万円未満4,25825.0%600万円~700万円3532.1%
100万円~200万円6874.0%700万円~800万円3572.1%
200万円~300万円1,1046.5%800万円~900万円3061.8%
300万円~400万円1,1967.0%900万円~1000万円2441.4%
400万円~500万円8715.1%1,000万円以上1,4568.6%
新築注文住宅
頭金世帯数割合頭金世帯数割合
頭金なし8587.3%500万円~600万円7096.0%
100万円未満1,47612.5%600万円~700万円5214.4%
100万円~200万円5124.3%700万円~800万円4784.1%
200万円~300万円1,22710.4%800万円~900万円3933.3%
300万円~400万円1,85215.7%900万円~1000万円3032.6%
400万円~500万円1,0789.1%1,000万円以上2,38520.2%
新築土地付注文住宅
頭金世帯数割合頭金世帯数割合
頭金なし3,03013.4%500万円~600万円1,5787.0%
100万円未満4,31519.0%600万円~700万円8713.8%
100万円~200万円1,0824.8%700万円~800万円7013.1%
200万円~300万円1,4916.6%800万円~900万円6112.7%
300万円~400万円3,27114.4%900万円~1000万円4221.9%
400万円~500万円2,75212.1%1,000万円以上2,53111.2%
新築マンション
頭金世帯数割合頭金世帯数割合
頭金なし1,80223.0%500万円~600万円4035.1%
100万円未満96612.3%600万円~700万円2963.8%
100万円~200万円2483.2%700万円~800万円2152.7%
200万円~300万円3704.7%800万円~900万円2603.3%
300万円~400万円6087.7%900万円~1000万円1782.3%
400万円~500万円5296.7%1,000万円以上1,97425.1%
中古戸建住宅
頭金世帯数割合頭金世帯数割合
頭金なし3,15043.5%500万円~600万円1882.6%
100万円未満1,38219.1%600万円~700万円1482.0%
100万円~200万円5838.0%700万円~800万円891.2%
200万円~300万円5818.0%800万円~900万円871.2%
300万円~400万円4115.7%900万円~1000万円560.8%
400万円~500万円2193.0%1,000万円以上3544.9%
中古マンション
頭金世帯数割合頭金世帯数割合
頭金なし4,10836.9%500万円~600万円4163.7%
100万円未満1,70915.3%600万円~700万円2502.2%
100万円~200万円8417.6%700万円~800万円2452.2%
200万円~300万円8847.9%800万円~900万円1931.7%
300万円~400万円8187.3%900万円~1000万円1431.3%
400万円~500万円5635.1%1,000万円以上9658.7%

新築建売住宅・中古戸建・中古マンションを購入した方は、頭金100万円未満で購入した方が約5割占めています。

新築マンションも頭金100万円未満で購入している方が多いですが、他の建物と比べると1,000万円以上の方が25.1%と高いことが分かります。

新築注文住宅・新築土地付注文住宅では、頭金300万円~400万円で家を建てる方が多く、マンション購入者より頭金を用意する方が多い傾向にあります。

全データでは、2018年の頭金の平均は426.8万円でしたが、建物種別で確認するとばらつきがあるのが分かります。

まとめ

ここまで、頭金とはどのようなものか、平均いくらぐらいが相場なのかについて、わかりやすく解説きました。

住宅種別のようにデータを分解して分析すると、相場もばらばらです。

現実的には、頭金なしでもマイホームを購入している方も多く、一概にいくらあれば安心というものでもありません。

問題なのは、無理なく毎月支払えるかどうかです。

データから頭金がいくらになるのか、参考にはなりますが、必ずしも皆と同じくらい貯める必要もないので、しっかり資金計画を立てて、無理の無いようにしましょう。

 

 相続による登録免許税の免税措置を知りたい方へ

相続登記による登録免許税には2つの免税措置があります。それは、一次相続人が土地の相続登記をしていない場合と土地価格が10万円以下の場合で免除されます。こちらでは、相続登記による登録免許税の免税措置について、わかりやすく解説していきます

 登録免許税の納付方法を知りたい方へ

「登録免許税って何?いくら支払うの?」という方のために、計算方法や軽減措置の要件、軽減税率をわかりやすく解説。不動産登記と登録免許税の関係、課税される登記の種類と税率、事例を用いた計算例を要点をまとめています。

 売買による登録免許税と計算方法を知りたい方へ

計算方法や軽減措置の要件、軽減税率をわかりやすく解説。不動産登記と登録免許税の関係、課税される登記の種類と税率、事例を用いた計算例を要点をまとめています。

公衆用道路を購入したときの登録免許税の計算方法を知りたい方へ

公衆用道路が0円の登録免許税は非課税ではありません。公衆用道路の課税価格は近傍宅地単価から求めます。公衆用道路とはどのようなものか、公衆用道路の登録免許税の計算方法について分かりやすく解説。

 不動産に関する税金について知りたい方へ

不動産の取得・売却・相続・贈与には、さまざなな税金がかかります。「不動産に係る税金の基礎知識入門書」では、それぞれに該当する必要な税金についてまとめていますので、気になる方は確認しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました