電卓で住宅ローンを計算する方法!Google電卓で簡単に算出方法も紹介

電卓で住宅ローンを計算する方法!Google電卓で簡単に算出方法も紹介

住宅ローン返済は、単純に借入金額から借入期間を割ればいいというわけではなく、利息が発生します。

住宅ローンの返済額は、金利タイプや返済方法によって変わるため、計算式が複雑です。

金融電卓を使えば簡単に算出できますが、一般の電卓でも計算できる場合があります。

こちらでは、住宅ローンの計算式や電卓を使った住宅ローンの計算方法について、わかりやすく解説しています。

主な要点
  • 住宅ローンの返済方法
  • 住宅ローンの計算式
  • 関数電卓を利用した毎月返済額の計算方法
  • Google電卓を利用した毎月返済額の計算方法

住宅ローンの返済方法

住宅ローンの返済方法には、大きく分けて以下の2つがあります。

  • 元利均等返済
  • 元金均等返済

元利均等返済

元利均等返済とは、元金分と利息分を合わせた返済額が毎月一定となる返済方法のこと

元利均等返済とは 『元金分と利息分を合わせた返済額が毎月一定となる返済方法』のことです。

毎月の返済額は、毎月一定で住宅ローンの返済計画を立てやすいのが特徴です。

元利均等返済のメリットとデメリットは、以下が挙げられます。

元利均等返済のメリット
  • 返済額が一定のため、住宅ローンの返済計画が立てやすい
  • 返済当初の返済額が元金均等返済よりも少なくすることができる
元利均等返済のデメリット
  • 借入金残高の減り方が遅くなる
  • 同じ借入期間の場合、元金均等返済よりも総返済額が多くなる

元金均等返済

元金均等返済とは、元金分を毎月均等に返済し、利息を含めて返済する方法のこと

元金均等返済とは 『元金分を毎月均等に返済し、利息を含めて返済する方法』のことです。

毎月の返済額は、返済当初が最も高く、返済が進むと返済額が少なくなるのが特徴です。

元金均等返済のメリットとデメリットは、以下が挙げられます。

変動金利のメリット
  • 返済が進むと返済額が少なくなっていく
  • 同じ借入期間の場合、元金均等返済よりも総返済額が少なく済む
変動金利のデメリット
  • 返済当初の返済額が高い

住宅ローンの計算式

元利金等返済での住宅ローンの計算式は、こちらです。

住宅ローンの計算式毎月の返済額=借入金額×月利×(1+月利)n÷((1+月利)n-1)
【月利=金利÷12】【n=返済回数】

月利とは

月利とは 『借入金額に対して月単位でかかる利息』 のことです。

住宅ローンの金利は年単位の年利で記載されていますので、月利に変換するには、12ヶ月で割ります。

月利=金利÷12

例えば、金利1.2%の場合の月利は、

1.2%÷12=0.1%

となります。

nの返済回数は 『毎月支払う回数』のことです。

例えば、返済期間30年の場合は、

30年×12ヶ月=360回

が返済回数となります。

電卓でべき乗を計算する方法

返済での住宅ローンの計算式には、nのべき乗が含まれています。

住宅ローンの計算式毎月の返済額=借入金額×月利×(1+月利)n÷((1+月利)n-1)

このnのべき乗を電卓で計算する方法が分からない方が多いですが、べき乗を計算する方法は、電卓メーカによって異なります

カシオ系の電卓

an」をカシオ系の電卓で計算する場合は、

a[×][×][=]…[=] ※[=]は( n − 1)回押下する

でべき乗を計算できます。

例えば、「23」を求める場合は

2[×][×][=][=] で 8

と表示されます。

[=]はn-1回ですので、3-1で2階押下します。

シャープ系の電卓

シャープ系の電卓で計算する場合は、

a[×][=]…[=] ※[=]は( n − 1)回押下する

でべき乗を計算できます。

カシオ系の電卓と違う点は、[×]の回数です。

例えば、「24」を求める場合は

2[×][=][=][=] で 16

と表示されます。

この方法を使えば、電卓でべき乗を計算できますが、住宅ローンの計算式のn乗は、「返済回数」が

  • 15年なら180回
  • 20年なら240回
  • 30年なら360回

と、かなりの回数押下しなければならず、現実的でありません。

例えば、返済回数が180回を、効率的に計算する場合は、

a180=((a1063 

で分けて計算することもできますが、これでも大変なので、そんなときは関数電卓がオススメです。

関数電卓

関数電卓には、べき乗を計算するための機能が搭載されています。

べき乗機能ボタンの表記は

  • (カシオ系)
  • yx(シャープ系)
  • y(Windows電卓)

などがあります。

こちらの機能をすれば、簡単にべき乗計算ができます。

例えば、

53=125

を計算する場合の計算方法を説明します。

まず、「5」を押下します。

関数電卓で5を入力

次に、べき乗機能ボタンの「y」を押下します。

関数電卓でべき乗ボタンを押下

次に3乗の「3」を押下します。

関数電卓で3を入力

最後に「」を押下すると答えの「125」が計算されます。

関数電卓で=を押下

このように電卓のべき乗機能を使えば、住宅ローンの計算式に当てはめるだけで計算することができます。

関数電卓を利用した住宅ローンの計算例

それでは、実際に例をあげて電卓を利用した住宅ローンの計算を紹介します。

標準
金利タイプ固定金利借入金額3,500万円
返済方法元利均等返済返済期間30年
金利1.2%返済回数360回(30年×12ヶ月)
月利0.1%(1.2%÷12ヶ月)

今回は、こちらの条件で、住宅ローンの毎月返済額を計算してみます。

住宅ローンの計算式に数値を当てはめるとこのようになります。

毎月の返済額=3,500万円×0.1%×(1+0.1%)360回÷((1+0.1%)360回-1)

こちらを計算すると毎月の返済額は「115,818円」となります。

電卓で計算した場合でも同じように「115,818円」となっているのが分かります。

Google電卓を利用した住宅ローンの計算例

中には、手元に「べき乗機能」の付いた関数電卓を持っていない方もいるかと思いますが、Google電卓を利用すれば、簡単に計算することもできます。

Google電卓の使い方は、とても簡単で「検索ボックスに計算式を入力して検索する」だけです。

例えば、先ほど関数電卓で住宅ローンの毎月返済額を計算した

3,500万円×0.1%×(1+0.1%)360回÷((1+0.1%)360回-1)

をGoogle電卓で計算する場合は、

35,000,000×0.001×(1+0.001)^360÷((1+0.001)^360-1)

を検索ボックスに入力して検索すると、以下のように住宅ローンの毎月返済額が計算されます。

Google電卓で住宅ローンの毎月返済額を計算する方法

先ほどの関数電卓の結果と同じように住宅ローンの毎月返済額を求めることができます。

まとめ

ここまで、住宅ローンの計算式や電卓を使った住宅ローンの計算方法について、わかりやすく解説しました。

住宅ローンの毎月返済額を求める場合は、計算式以外に「返済額早見表」を使って求めることもできます。

返済額早見表から返済額を計算する方法については 住宅ローンの計算方法は?金利と利息の仕組みを分かりやすく解説 】をご確認ください。

 自分で抵当権抹消手続きを考えている方へ

住宅ローンを完済したら抵当権抹消登記をする必要があります。抵当権の抹消は司法書士に依頼できますが、自分ですることも可能です。こちらでは、申請書の書き方や抵当権抹消の流れについて、わかりやすく解説しています。

抵当権抹消登記申請書の詳しい書き方を知りたい方へ

抵当権抹消登記申請書は、自分で作成しても問題ありません。こちらでは、抵当権抹消登記申請書のダウンロード方法や項目ごとの書き方、必要な書類の説明まで、わかりやすく解説しています。実際の記入例もありますので、書き方が分からない方は参考にしてください。

 売買による登録免許税と計算方法を知りたい方へ

計算方法や軽減措置の要件、軽減税率をわかりやすく解説。不動産登記と登録免許税の関係、課税される登記の種類と税率、事例を用いた計算例を要点をまとめています。

公衆用道路を購入したときの登録免許税の計算方法を知りたい方へ

公衆用道路が0円の登録免許税は非課税ではありません。公衆用道路の課税価格は近傍宅地単価から求めます。公衆用道路とはどのようなものか、公衆用道路の登録免許税の計算方法について分かりやすく解説。

 相続による登録免許税と計算方法を知りたい方へ

相続による登録免許税には軽減措置はありませんが、免税措置があります。相続登記と登録免許税の関係、事例を用いた計算例、免税措置について要点をまとめています。

 相続による登録免許税の免税措置を知りたい方へ

相続登記による登録免許税には2つの免税措置があります。それは、一次相続人が土地の相続登記をしていない場合と土地価格が10万円以下の場合で免除されます。こちらでは、相続登記による登録免許税の免税措置について、わかりやすく解説していきます

 不動産に関する税金について知りたい方へ

不動産の取得・売却・相続・贈与には、さまざなな税金がかかります。「不動産に係る税金の基礎知識入門書」では、それぞれに該当する必要な税金についてまとめていますので、気になる方は確認しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました