課税総所得金額とは?所得税と住民税の課税総所得金額は違います!

課税総所得金額とは?所得税と住民税の課税総所得金額は違います!

確定申告や所得税、住民税を計算するときに「課税総所得金額」「総所得金額」「総所得金額等」「合計所得金額」と似たような言葉がいくつもでてきます。

特に「課税総所得金額」は、所得税や住民税を計算するときに重要な金額ですが、それぞれしっかり定義されています。

今回は、「課税総所得金額」「総所得金額」「総所得金額等」「合計所得金額」の違いや、所得税と住民税を計算するときの「課税総所得金額」の注意点について、わかりやすく解説していきます。

主な要点
  • 総合課税の所得と分離課税の所得
  • 「課税総所得金額」「総所得金額」「総所得金額等」「合計所得金額」の違い
  • 所得控除の種類
  • 所得税と住民税の「課税総所得金額」の違い

所得とは?

所得とは 『収入から必要経費を引いて残った金額』 のことです。

所得=収入-必要経費

例えば、会社員の「収入」は、会社からもらっている給与のことで、個人事業主の「収入」は、事業の売上のことです。

個人事業主の必要経費には、店舗の賃料や水道光熱費など色々なものを必要経費として含めることができますが、会社員の場合は、会社が従業員ごとの必要経費を計算することは現実的ではありません。

そこで、会社員などの給与所得者に対して、必要経費の代わりとなる「給与所得控除」が設けられてました。

給与所得=給与収入-給与所得控除

給与所得控除は、1年間の給与収入額(年収)に応じて計算されます。

<
給与収入給与所得控除額