スポンサーリンク
カーポート

カーポート波板屋根の種類とサイズを徹底解説!塩ビ?ポリカ?最適な屋根材は?

最近はあまり見かけなくなりましたが、昔のカーポートの屋根材は波板が主流でした。 最近は、平版の屋根材でフラット屋根やアール屋根が多くなっています。 波板はホームセンターで売られており、価格も安く手に入りやすい屋根材です。 ...
2019.11.11
カーポート

カーポートの耐用年数は10年以上?リクシル・YKK・三協アルミの回答は?

カーポート選ぶ時に気になるのがどれぐらい持つのかということです。 カーポート工事には、何十万円という費用がかかるため、簡単に取替えが出来るものでありません。 なるべく耐用年数の長いカーポートを選びたいと考える方も多いです。 ...
2019.11.11
カーポート

カーポートの屋根材「ポリカーボネート」の特徴と3大メーカーの比較

カーポートの屋根材としてよく使われるのが、ポリカーボネートです。 カーポート以外にも、バルコニーやテラスの屋根材としても使われます。 こちらでは、屋根材「ポリカーボネート」の特徴や3大メーカーであるLIXIL・YKKAP・三協ア...
2019.11.11
カーポート

カーポートやガレージの車庫は建蔽率の対象にならない!?緩和の条件と計算方法

住宅を建築するときは、外構部分に車庫を作りたいと考えることも珍しくありません。 しかし、建築物は土地に対して建てる割合が決まっています。 土地に対して建てる割合には容積率と建蔽率の2つがありますが、カーポートやガレージなどの車庫...
2019.11.11
カーポート

カーポートやガレージの車庫は容積率の対象にならない!?緩和の条件と計算方法

住宅を建築するときに注意しなければいけないのが容積率です。 容積率は土地の広さで建物延床面積が決まりますが、カーポートやガレージなどの車庫も床面積の対象となります。 ただし、容積率の緩和が設けられているため、車庫の床面積は含まれ...
2019.11.11
カーポート

3台用カーポートはどれがオススメ!?費用を安く抑える1つのコツ

敷地が広い場合は3台以上車を持っている場合は3台用のカーポートをつけたいと考える方も多いです。 カーポートメーカーのラインナップを見ると1台2台用がメインで、3台用のカーポートは種類があまりありません。 また、費用も3台用カーポート...
2019.11.11
カーポート

幅の狭い駐車スペースのカーポートは後方支持タイプがオススメ!

狭い敷地や変形地での駐車スペースを確保するにはとても大変ですが、最小スペースでもカーポートのタイプによっては、設置が可能です。 こちらでは、狭い敷地でも設置可能なおすすめカーポートを紹介します。 幅が狭い駐車スペースの寸法の...
2019.11.11
カーポート

カーポートのサイズの選び方!車の寸法と乗り降り幅に注意!

カーポートのサイズ、形状、仕様はさまざまなバリエーションがあり、1つのメーカーでも多くの種類が存在します。 その中から適切なカーポートを選択するのは大変ですが、カーポートのサイズを選ぶ前に、車の寸法や乗り降り幅、カーポートのタイプを理...
2019.11.11
ブロック塀・囲い

外構工事のブロック塀の費用相場は?外構業者でも意見が分かれます!

ブロック塀といえば敷地の家の境界線上に積み立てるイメージがありますが、最近では部分的に化粧ブロックを並べて意匠として使われことも多いです。 ブロック塀の費用は、一般的なコンクリートブロックに比べて、化粧ブロックの方が高いですが、コンク...
2019.11.11
ブロック塀・囲い

外構工事によく使われるブロックの種類は?ブロック塀は基礎に注意!

ブロックですぐに思いつくのがコンクリートブロックですか、外構工事に使われるコンクリートブロックにも様々な種類があります。 昔は、敷地境界線上に高いブロック塀を並べた殺風景な外観が多かったですが、最近では、化粧ブロックを上手に配置してお...
2019.11.11
費用相場・シミュレーション

外構の砂利敷き費用はいくら?防草シートの価格も合わせて徹底解説!

外構工事で、よく使われる砂利ですが、コンクリートや石・タイル貼りに比べて安価なのが特徴です。 安価ですが、砂利の種類によっては、金額が高いものもあります。 こちらでは、砂利敷きの見積書の内容とどれくらいの費用がかかるのかを分かりやす...
費用相場・シミュレーション

外構の見積もりを値引き前に減額させる2つの方法!値引き交渉は最後!

外構工事の見積書をもらうと意外に高くて安くできないか値引きを考える方が多いですが、最初から値引きをお願いするのではなく、最終手段として値引きをお願いしましょう。 長年、見積業務に携わってきましたが、見積書は全く信じてはいけません。 ...
費用相場・シミュレーション

外構工事の見積もり依頼のタイミングはいつ!?見積は建てる前がオススメ

注文住宅で家を建てるときは、家の中の話が中心で、外構は後回しになってしまいます。 ハウスメーカーや工務店の見積書でも建築工事と外構工事は別で分けられます。 外構工事の詳細を後回しにするとトラブルの原因にもなりますので、建築工事と...
費用相場・シミュレーション

外構工事一括見積もりサービスを上手に使う方法!

外構工事一括見積もりサービスとは 『必要な情報を入力するだけで地域に住んでいる複数の外構業者から一括で見積もりを依頼することができるサービス』 のことです。 見積依頼は無料で、簡単に依頼できる手軽さから最近はよく利用されているサービス...
2019.10.25
費用相場・シミュレーション

外構工事の見積もりで失敗しない外構工事業者の選び方

外構工事の見積もりをしたけど、見積書の内容がよく分からないという問合せがとても多いです。こちらでは、見積書の内容や注意するポイント、外構工事の見積もりの取り方について、分かりやすく解説しています。
注文住宅の家づくり入門書

セミクローズ外構のメリット・デメリットは?向いている人はこんな方!

セミクローズ外構とは『クローズド外構とオープン外構の中間に位置する外構で、主に敷地の境界線上に低い塀などを設ける外構タイプ』 のことです。メリットは、プライバシーや開放感をうまく確保できること、費用を抑えつつ満足のいく外構になりやすいことが挙げられます。デメリットは、中途半端な機能になりやすいことです。
2019.10.24
注文住宅の家づくり入門書

クローズド外構のメリット・デメリットは?向いている人はこんな方!

クローズド外構とは『敷地の境界線上に建物内部が見えにくい高い門扉や塀などを設ける外構タイプ』 のことです。メリットは、プライバシーが確保できること、子供やペットが遊んでいても安全であることが挙げられます。デメリットは、費用がかかること、閉鎖的な空間になること、周囲に圧迫感を与えてしまうことです。
2019.10.24
費用相場・シミュレーション

オープン外構のメリット・デメリットは?向いている人はこんな方!

オープン外構とは『基本的に敷地の境界線上に門扉や塀などを設けない外構タイプ』 のことです。メリットは、費用を安く抑えられこと、後でもクローズド外構に変更できること、開放的な空間になることが挙げられます。デメリットは、プライバシーが確保しにくいこと、防犯面が心配、子供の遊び場としては危険なことです。
ブロック塀・囲い

オープン外構の目隠しはどれがいい?目隠しの種類とたった1つの注意点

オープン外構で目隠しを選ぶポイントは「プライバシーの確保」「通風」「日当たり」「費用」「目隠しの耐用性」「建物との調和」です。目隠しの種類には、フェンスや植栽、コンクリートブロック塀、レンガ積み、ガラスブロックなどがありますが、どこを重視するかが重要です。
2019.11.11
費用相場・シミュレーション

外構工事とは?外構の6つの役割と3つのタイプを徹底解説!

外構工事とは『敷地の入り口に設けている門扉や門塀、車庫に設置する屋根付きのカーポート、敷地の周り塀、庭の植栽など、敷地内の建物部分以外の工事』 のこと。外構には「クローズド・オープン・セミクローズド」の3つのタイプがあります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました