固定資産税のクレジットカード払いの方法と注意する7つのポイント!

固定資産税のクレジットカード払いの方法と注意する7つのポイント!

土地や建物を所有している限り、毎年納付しなければいけないのが固定資産税です。

市区町村にもよりますが、固定資産税の支払い方法としてクレジットカード払いが選択できます。

皆さんが、クレジットカード払いを選択する一番の理由が、「ポイントがもらえてお得になる」点です。

しかし、ポイントの還元率によっては、逆に損をすることもあります。

こちらでは、

  • クレジットカードで支払うメリットとデメリットは?
  • クレジットカード払いができる市区町村は?
  • クレジットカード払いは得なのか損なのか?
  • クレジットカード払いの注意点は?

など疑問に思っている方へ、固定資産税のクレジットカード払いについて、わかりやすく解説しています。

固定資産税の支払い方法は?

固定資産税の徴収方法は 『普通徴収』です。

普通徴収とは納税通知書を納税者に交付して、税金を徴収する方法

毎年4月から6月になると、市町村から固定資産税の納税通知書が届きます

その固定資産税の納税通知書には、支払い方法が記載されており、その中の1つを選択して、固定資産税を納付します。

固定資産税の支払い方法については、各市区町村によって異なりますが、支払い方法としては、

  • 窓口(市区町村役所・金融機関・郵貯銀行・郵便局)
  • 口座振替
  • 銀行振り込み
  • コンビニ決済
  • 電子マネー支払い
  • ペイジー(Pay-easy)支払い
  • クレジットカード払い

などがあります。

コンビニでの支払いでは、クレジットカードからnanacoにチャージして間接的にクレジットカードのポイントを貯める方法もあります。

クレジットカード納付サイト

固定資産税をクレジットカード払いする際に利用するサイトが「クレジットカード納付サイト」です。

各市区町村が独自で運営しているクレジットカード納付サイトもあれば、「 icon-external-link Yahoo!公金支払い」のようなサービスサイトを利用する方法もあります。

一般的にクレジットカードで固定資産税を納付する場合は、

  • 各都道府県(市区町村)クレジットカードお支払いサイト
  • Yahoo!公金支払いサイト

を利用します。

固定資産税以外の税金もクレジットカードで支払いができますが、取り扱っている税目や使用できるクレジットカードの種類は、各市区町村ごとに異なります

よって、固定資産税をクレジットカードで納付できるか事前に市区町村の公式ホームページを確認しましょう。

クレジットカード払い可能な市区町村一覧

最近は、固定資産税をクレジットカード払いができる市区町村が増えてきましたが、すべて市区町村がクレジットカード払いに対応しているわけではありません

こちらでは、クレジットカード払いができる全国の市区町村をまとめましたので、納税をする市区町村があるかチェックしましょう。

固定資産税をクレジットカード払いできる市区町村一覧
都道府県市区町村名都道府県市区町村名都道府県市区町村名
北海道札幌市埼玉県さいたま市岐阜御嵩町
北海道小樽市埼玉飯能市静岡県焼津市
北海道岩見沢市埼玉戸田市静岡藤枝市
北海道紋別市埼玉入間市静岡森町
北海道名寄市埼玉志木市愛知県一宮市
北海道根室市埼玉新座市愛知瀬戸市
北海道千歳市埼玉久喜市愛知春日井市
北海道富良野市埼玉北本市愛知安城市
北海道恵庭市埼玉日高市愛知蒲郡市
北海道倶知安町千葉県市川市愛知長久手市
北海道余市町千葉船橋市愛知東郷町
北海道鷹栖町千葉館山市三重県松阪市
北海道新ひだか町千葉成田市三重県鈴鹿市
北海道浦幌町千葉柏市三重県亀山市
北海道弟子屈町千葉流山市三重県いなべ市
岩手県滝沢市千葉富津市三重県明和町
宮城県蔵王町千葉浦安市滋賀県草津市
宮城県大河原町千葉富里市滋賀県東近江市
宮城県大和町千葉香取市京都府亀岡市
山形県寒河江市千葉東庄町京都府南丹市
山形上山市千葉横芝光町大阪府豊中市
山形村山市東京都23区(東京都管轄)大阪府泉大津市
福島県いわき市東京都立川市大阪府和泉市
福島県須賀川市東京都武蔵野市大阪府箕面市
福島県南相馬市東京都昭島市大阪府四條畷市
茨城県水戸市東京都小平市兵庫県西宮市
茨城日立市東京都国分寺市兵庫県相生市
茨城石岡市東京都東大和市兵庫県赤穂市
茨城龍ケ崎市東京都西東京市兵庫県川西市
茨城下妻市神奈川県相模原市兵庫県宍粟市
茨城常総市神奈川平塚市兵庫県たつの市
茨城取手市神奈川厚木市兵庫県多可町
茨城つくば市神奈川湯河原町兵庫県神河町
茨城鹿嶋市山梨県富士吉田市兵庫県太子町
茨城守谷市山梨韮崎市兵庫県上郡町
茨城坂東市山梨笛吹市兵庫県佐用町
茨城神栖市山梨甲州市鳥取県米子市
茨城行方市新潟県長岡市鳥取県三朝町
茨城つくばみらい市新潟湯沢町鳥取県大山町
茨城小美玉市富山県砺波市岡山県総社市
茨城美浦村富山射水市山口県長門市
茨城境町長野県須坂市高知県奈半利町
栃木県鹿沼市長野軽井沢町福岡県福岡市
栃木小山市長野白馬村福岡県篠栗町
栃木那須塩原市長野山ノ内町佐賀県佐賀市
栃木さくら市岐阜県美濃加茂市佐賀県鳥栖市
栃木那須町岐阜各務原市長崎県南島原市
群馬県前橋市岐阜可児市長崎県波佐見町
群馬高崎市岐阜本巣市沖縄県石垣市
群馬伊勢崎市岐阜下呂市沖縄県竹富町

クレジットカード払いの3つのメリット

固定資産税のクレジットカード払いの3つのメリット

固定資産税をクレジットカードで支払うメリットとして、大きく3つがあります。

クレジットカードのポイントが貯まる

一番のメリットとしては、クレジットカードで支払うことで、クレジットカードのポイントが貯まりお得なる点です。

固定資産税は、不動産を所有している限り、毎年納税しなければいけません。

仮に、固定資産税が10万円、クレジットカードの還元率が1%で10年支払うと、10,000ポイント貯まる計算になります。

100,000円×1%×10年=10,000ポイント

後ほど、「 icon-arrow-circle-down クレジットカード払いで注意する8つのポイント」で説明しますが、ポイント還元率によってはマイナスになる場合があるので、注意が必要です。

24時間いつでも自宅から納税できる

2つ目は、手続きが簡単なことです。

インターネット経由で納税するため、24時間いつでも自宅からでも簡単に固定資産税を納付できます。

特に、日中時間が取れない方にとっては、メリットが大きいです。

支払いを遅らせることができる

固定資産税に限らず、税金には納期限が設けられおり、納期限内に納税額を全額支払う必要があります。

クレジットカード払いでは、支払い手続きが完了した日が納付日で、実際に銀行口座から引き落とされる日は、利用しているクレジットカード会社の振替日になります。

他にも、クレジットカード納付サイトでは、

  • 分割払い
  • リボ払い

など、支払い回数を選択できる場合があります。

冠婚葬祭など出費が多くなった月には、分割を利用することで、無理の無い支払いができるのもメリットの1つです。

クレジットカード払いで注意する7つのポイント

固定資産税をクレジットカードで支払うメリットとして3つ挙げましたが、デメリットや注する点もあります。

こちらでは、クレジットカード払いで注意する以下の7つのポイントをまとめています。

  • 市区町村のクレジットカード払い対応可否
  • 決済手数料と還元ポイントの比較
  • 納税限度額とクレジットカード利用限度額をチェック
  • 納付書の「納付番号」「確認番号」を確認
  • 継続的に納付ができない
  • 支払いの取り消しができない
  • 領収書や納税証明書が発行されない

市区町村のクレジットカード払い対応可否

まず、市区町村がクレジットカード払いに対応しているかどうかが一番のポイントです。

対応していなければ、いくらクレジットカードで納付したくてもできません。

クレジットカード払いに対応しているかについては、「 icon-arrow-circle-up クレジットカード払い可能な市区町村一覧」や「 icon-external-link Yahoo!公金支払い(固定資産税)」から納付する市区町村が含まれているかチェックしてください。

こちらに含まれていない場合は、「固定資産税 クレジットカード 市区町村名」で検索して、市区町村独自のクレジットカードお支払いサイトがないかチェックしましょう。

固定資産税の支払いが可能かチェック

クレジットカードお支払いサイトでは、固定資産税以外にも「 icon-book 不動産取得税」「自動車税」「国民健康保険料」の支払いも可能な市区町村があります。

どの税金がクレジットカードで支払えるのかは、各市区町村によって異なりますので、クレジットカードお支払いサイトで固定資産税の支払いが可能かチェックしましょう。

利用可能なクレジットカードブランドをチェック

クレジットカード納付サイトによって、利用できるクレジットカードカードが異なります。

基本的に、5大国際ブランドである

  • VISA(ビザ)
  • MasterCard(マスターカード)
  • JCB(ジェーシービー)
  • AmericanExpress(アメリカンエキスプレス)
  • DinersClub(ダイナース)

を利用できる市区町村が多いですが、所有しているクレジットカードが利用可能かチェックしましょう。

各市区町村(サービス)の利用可能なクレジットカードブランド
市区町村名(サービス名)利用可能なクレジットカードブランド
Yahoo!公金支払いサイトVISA、MasterCard、JCB、AmericanExpress、Diners Club
東京都23区VISA、MasterCard、JCB、AmericanExpress、Diners Club、TS CUBIC CARD
大阪市VISA、MasterCard、JCB、AmericanExpress、Diners Club
(Apple Payの場合は、MasterCard、JCB、AmericanExpress)
福岡市VISA、MasterCard、JCB、AmericanExpress、Diners Club

決済手数料と還元ポイントの比較

クレジットカードで支払いをする場合は、決済手数料を支払う必要があります。

クレジットカード払いの1番のメリットは、「ポイントが貯まる」ことでしたが、決済手数料よりもらえるポイントが少なければ、マイナスになってしまいます。

ポイントを目的にクレジットカードの支払いを考えている方は、「もらえるポイント」と「決済手数料」を比較して、プラスになるかをチェックしましょう。

東京都23区・福岡市のクレジットカード決済手数料一覧表
納付金額決済手数料(税抜)
1円~10,000円73円(税込み78円)
10,001円~20,000円146円(税込み157円)
20,001円~30,000円219円(税込み236円)
30,001円~40,000円219円(税込み315円)
40,001円~50,000円219円(税込み394円)
以降、納付金額が10,000円増えるごとに、決済手数料が73円(消費税別)加算される
大阪市のクレジットカード、Apple Payによる納付システム利用料一覧表
納付金額システム利用料(税込)
1円~5,000円0円
5,001円~10,000円33円
10,001円~20,000円100円
20,001円~30,000円167円
30,001円~40,000円234円
40,001円~50,000円301円
以降、納付金額が10,000円増えるごとに、システム利用料が67円(消費税込)加算される

こちらは、例として「東京都23区」「福岡市」「大阪市」の決済手数料一覧です。

分割払い・リボ払いを利用する場合は、利用額に応じて更に決済手数料が加わりますので、注意しましょう。

クレジットカードで還元されるポイント一覧
固定資産税納付金額ポイント還元率
0.5%0.6%0.7%0.8%0.9%1.0%1.1%1.2%1.3%1.4%1.5%
5,000円25円30円35円40円45円50円55円60円65円70円75円
10,000円50円60円70円80円90円100円110円120円130円140円150円
15,000円75円90円105円120円135円150円165円180円195円210円225円
20,000円100円120円140円160円180円200円220円240円260円280円300円
25,000円125円150円175円200円225円250円275円300円325円350円375円
30,000円150円180円210円240円270円300円330円360円390円420円450円
35,000円175円210円245円280円315円350円385円420円455円490円525円
40,000円200円240円280円320円360円400円440円480円520円560円600円
45,000円225円270円315円360円405円450円495円540円585円630円675円
50,000円250円300円350円400円450円500円550円600円650円700円750円
55,000円275円330円385円440円495円550円605円660円715円770円825円
60,000円300円360円420円480円540円600円660円720円780円840円900円
65,000円325円390円455円520円585円650円715円780円845円910円975円
70,000円350円420円490円560円630円700円770円840円910円980円1,050円
75,000円375円450円525円600円675円750円825円900円975円1,050円1,125円
80,000円400円480円560円640円720円800円880円960円1,040円1,120円1,200円
85,000円425円510円595円680円765円850円935円1,020円1,105円1,190円1,275円
90,000円450円540円630円720円810円900円990円1,080円1,170円1,260円1,350円
95,000円475円570円665円760円855円950円1,045円1,140円1,235円1,330円1,425円
100,000円500円600円700円800円900円1,000円1,100円1,200円1,300円1,400円1,500円

こちらは、ポイント還元率に応じてもらえるポイント一覧です。

例えば、東京都23区の場合、固定資産税10,000円を納付すると決済手数料78円(税込み)かかります。

クレジットカード獲得ポイント一覧からポイント還元率が0.7%以下のクレジットカードで支払うと8円のマイナスになってしまいます。

70円-78円=-8円

よって、東京都23区でクレジットカード払いを考えている方は、所有しているクレジットカードが0.8%以上ならプラスになり、メリットがあります。

納税限度額とクレジットカード利用限度額をチェック

次は、納税限度額とクレジットカードの利用限度額をチェックします。

クレジットカード納付サイトでは、納税限度額を設けているサイトがあります。

もしも、納付する固定資産税額が納税限度額を超えている場合は、納付することができません

それと、クレジットカードにも一般的に利用限度額が設けられています。

こちらも、利用限度額を小額に設定してある場合は、決済処理ができない恐れがありますので、固定資産税を納付する際に利用限度額を超えないかチェックしましょう。

クレジットカード納付サイトの納税限度額一覧
市区町村名(サービス名)クレジットカード納税限度額
Yahoo!公金支払いサイト5,000円~9,999,999円
東京都23区100万円未満
福岡市1,000万円未満

納付書の「納付番号」「確認番号」を確認

クレジットカードの納付では、納付書に記載されている「納付番号」「確認番号」が必要です。

口座振替で今まで支払っていた方は、納付書がありませんので、「納付番号」「確認番号」が記載されている納付書を送付するよう、市区町村の役所に問い合わせましょう。

福岡市を例に挙げると、口座振替からクレジットカード納付に変更する場合は、「口座振替廃止届」の提出が必要となります。

継続的に納付ができない

固定資産税をクレジットカードで納付する場合は、納付する都度、決済処理をしなければいけません

クレジットカードでは継続的な納付ができませんので、自動引き落としを希望される場合は、口座振替を選択しましょう。

クレジットカード納付と口座振替の違い

必要な手続き回数手数料
クレジットカード納付納付の都度、手続きが必要手続きごとに手数料が必要
口座振替1回の手続きで継続して自動引落無料

口座振替は、最初の1回だけ手続きを行えば、継続して自動で引き落とされ、手数料も一切かからないメリットがあります。

支払いの取り消しができない

ネットショッピングでは、一度購入してもその後に支払いをキャンセルすることができますが、クレジットカードで支払いの手続きが完了すると、支払いの取り消しができません

領収書や納税証明書が発行されない

クレジットカード払いは、ネット決済のため、領収書や納税証明書が発行されません

手元に証明書を残したい場合は、決済したときの画面をプリントアウトしておきましょう。

市区町村では、役所の窓口で納税証明書を発行してますが、納税証明書の発行は、有料の場合があります

ポイント獲得が目的なら、納税証明書発行の費用も考慮してプラスになるか検討しましょう。

クレジットカードで固定資産税を納付する方法

固定資産税をクレジットカードで納付する場合は、クレジットカード納付サイトを利用して納付しますのが、今回は、「 icon-external-link 都税クレジットカードお支払サイト」からどのように納付するのか、分かりやすく解説します。

クレジットカードで固定資産税を納付する方法
  • STEP1
    固定資産税納税通知書が届く
    4月~6月くらいに市区町村から固定資産税の納税通知書が届きます。
  • STEP2
    納付サイトの確認
    納税通知書または、市区町村HPからどのサイトを利用して納付できるかを確認します。
  • STEP3
    注意事項の確認
    クレジットカード納付サイトにアクセスしたら、注意事項のチェックボックスにチェックを付けて、「同意して次へ」をクリックします。(ここからは都税クレジットカード支払いサイトでの事例)
  • STEP4
    納付情報を入力
    納税通知書に記載のある「納付番号」「確認番号」「納付区分」を入力して「確認して次へ」をクリックします。
  • STEP5
    固定資産税額を確認
    納付情報の「税額」が手元の納税通知書に記載されている税額と合っているかチェックします。
  • STEP6
    支払情報を入力
    支払情報の「カード番号」「有効期限」「お支払い回数」「セキュリティーコード」「支払い手続き完了メールアドレス」を入力して「確認して次へ」をクリックします。
  • STEP7
    支払情報を確認
    支払情報の「カード番号」「有効期限」を確認したら「支払を行う」をクリックします。
  • STEP8
    納付情報を印刷
    完了した納付情報を確認したら「印刷」をクリックして保管します。

STEP1.固定資産税納税通知書が届く

4月~6月くらいに市区町村から固定資産税の納税通知書が届きます。

納税通知書に

  • 納付番号
  • 確認番号
  • 納付区分

が記載されているか確認しましょう。

口座振替を今まで利用していた方は、こちらは記載されていませんので、市区町村の役所にクレジットカード納付利用について問い合わせてください。

STEP2.納付サイトの確認

納税通知書または、市区町村HPからどのサイトを利用して納付できるかを確認します。

確認したらクレジットカードお支払納付サイトにアクセスしましょう。

東京23区の場合は「都税クレジットカードお支払サイト」にアクセスします。

STEP3.注意事項の確認

都税クレジットカードお支払サイト(注意事項の確認)

ここからは都税クレジットカード支払サイトの利用について紹介していきます。

都税クレジットカードお支払サイトにアクセスしたら、注意事項を確認の上、「上記注意事項を確認しました。」のチェックボックスにチェックを付けて、「同意して次へ」をクリックします。

こちらで書かれている注意事項をまとめると以下になります。

  • 領収証書は発行されない
  • 納税証明書は約10日間発行できない
  • 一度支払うと取り消し、変更ができない

STEP4.納付情報を入力

都税クレジットカードお支払サイト(納付情報を入力)

納付情報入力欄には、

  • 納付番号
  • 確認番号
  • 納付区分

があります。

こちらは、固定資産税の納付書に記載されていますので、そちらの情報を入力して「確認して次へ」をクリックします。

STEP5.固定資産税額を確認

都税クレジットカードお支払サイト(固定資産税額を確認)

「納付番号」「確認番号」「納付区分」から今回納付する固定資産税額が表示されます。

納付情報では、

  • お支払内容
  • 納付番号
  • 税額

が、納付書の内容と合っているかチェックしてください。

STEP6.支払情報を入力

都税クレジットカードお支払サイト(支払い情報を入力)

支払情報入力欄には、

  • カード番号
  • 有効期限
  • お支払い回数
  • セキュリティーコード
  • 支払い手続き完了メールアドレス

があります。

こちらは、実際に固定資産税の支払いを行うクレジットカードの情報を入力していきます。

東京23区で納付できるクレジットカードは、

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AmericanExpress
  • DinersClub
  • TS CUBIC CARD

の6つですので、こちらのいずれかのカード情報を入力しましょう。

「お支払い回数」は、

  • 一括払い
  • 分割払い
  • リボ払い

の3つから選べます。(2回払いとボーナス払いはなし)

分割払いを選択した場合は、

  • 3回
  • 5回
  • 6回
  • 10回
  • 12回

の5つから選べますので、ご自身にあった支払い回数を選択します。

「支払い手続き完了メールアドレス」だけは必須ではありませんが、領収書は発行されませんので、支払った履歴を手元に残しておくためにも入力しましょう。

全て入力したら「確認して次へ」をクリックします。

STEP7.支払情報を確認

都税クレジットカードお支払サイト(支払い情報を確認)

支払い情報が表示されます。

支払情報では、

  • カード番号
  • 有効期限

が、お手元のクレジットカードの情報と合っているかチェックしてください。

支払情報を確認したら「支払を行う」をクリックします。

STEP8.納付情報を印刷

都税クレジットカードお支払サイト(納付情報を印刷)

固定資産税の納付が完了したら、

  • 納付情報
  • 支払情報
  • 納税証明書情報

が表示されます。

こちらの情報をお手元に残しておきたい場合は、「印刷する」をクリックしましょう。

手続きが完了したら、「終了」をクリックして終了です。

まとめ

ここまで、固定資産税のクレジットカード払いのメリットや注意点、決済方法を分かりやすく説明してきました。

固定資産税は不動産を所有していれば、毎年かかる税金なので、還元ポイントも大きくなります。

しかし、決済手数料もかかりますので、どれぐらい負担になるのかシミュレーションすることも大切なポイントです。

固定資産税には、軽減措置も設けられていますので、条件に合えば減額することも可能です。

軽減措置を知らない方は、所有している不動産が適用されるか一度チェックしてみましょう。

 固定資産税の計算方法と軽減措置を知りたい方へ

固定資産税の計算方法は、軽減措置の適用要件が複雑です。こちらでは軽減措置の税率や税額を軽減・控除する特例を分かりやすく解説。

 固定資産税をいつ払うのかいくらぐらい払うのか知りたい方へ

固定資産税は、土地や建物を所有している限り、必ず納める必要があります。固定資産税が、いつ誰に課税されて、いくらぐらいの税金を払うのかを、わかりやすく解説。

 マンションの固定資産税がいくらになるか知りたい方へ

新築マンションの固定資産税は、6年後に2倍になると言われています。理由は固定資産税の軽減措置が適用されなくなるからです。こちらでは、固定資産税の計算方法や軽減措置の適用要件を分かりやすく解説。

 不動産に関する税金について知りたい方へ

不動産の取得・売却・相続・贈与には、さまざなな税金がかかります。「不動産に係る税金の基礎知識入門書」では、それぞれに該当する必要な税金についてまとめていますので、気になる方は確認しましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました