建売住宅と注文住宅はどっちがいい?メリットデメリットを徹底比較!

建売住宅と注文住宅を買う建てるならどっちがいい?メリットデメリットを徹底比較

一軒家を手に入れるなら建売住宅と注文住宅どちらがいいのか、悩んでいませんか?

結論からいえば「とにかくすぐに家を持ちたいなら建売住宅、それ以外ならまずは注文住宅」で考えましょう。

一生に一度の買い物だからこそ、失敗したくないはずです。失敗しないためにはメリット・デメリットで決めるのではなく、建物を見極める目を持つことが大切です。

注文住宅入門書」と「建売購入入門書」では、建物の見極め方も公開していますが、ここでは、建売住宅と注文住宅のメリットデメリットを理解して、どちらがご自身にあった選択なのかを確認しましょう。

こちらでは、建売と注文でどっちがいいか悩んでいる方建売と注文のメリット・デメリットを知りたい方向けに、どっちがアナタに合っているか選択できるようまとめています。

主な要点
  • 建売住宅と注文住宅はなにが違う?
  • 建売住宅派と注文住宅派が特に重視するメリット
  • 建売住宅と注文住宅の比較
  • 建売住宅と注文住宅に向いているのは、こんな人まとめ

建売住宅と注文住宅はなにが違う?

建売住宅とは?

建売住宅を簡単に説明すると、土地と建物がセットで販売されている新築分譲住宅のことです。まとまった土地を業者が仕入れてから、そこに分譲用の建物を建築して販売するケースもあります。

「分譲住宅と建売住宅の違いは?」でもよく検索されますが、ほぼ同じ意味だと捉えて問題ありません。

販売方法でも、建物が完成した後に販売するパターン建築中に販売するパターンがありますが、どちらも設計が決まっていることがほとんどです。中には、内装や設備のグレートを変更できる場合もありますが、間取りを変えることはまずできないと思っていたほうがよいです。

・建売住宅とは、土地と建物がセットで販売されている新築分譲住宅
・建物の完成後と建築中に販売する2パターンがある

注文住宅とは?

注文住宅とは、建物の計画段階から自分好みの設計やデザインで、建築施工業者に建物を建築してもらう住宅のことです。

ハウスメーカーや工務店に依頼する場合は、直接施工あるいは下請け業者へ委託して施工を行いますが、建築設計事務所に依頼する場合は、建物の設計デザインと施工監理は設計事務所で、施工は地域の工務店に依頼するケースが多いです。

間取りやデザインを自分で決めたり、プランニングも家族構成に合わせてプロの設計担当者のアドバイスを受けながら、自由に設計できるのも魅力の一つです。

・注文住宅は、自分好みの設計やデザインで建築してもらう住宅
・建築設計事務所に依頼する場合は、地域の工務店へ施工を依頼する

建売住宅派が特に重視するメリット

建売住宅派が特に重視する3つのメリット

建売住宅を選んだ人が特に重視するメリットとして挙げるのがこちらの3つです。

  • 土地・建物セットで価格が安い
  • 完成した建物を見てから購入できる
  • 購入までの手間がかからない

土地・建物セットで価格が安い

建売を購入理由で一番多い意見が「土地と建物あわせた価格が安かった」ことです。

建売は、設計が決まっているため、計画に手間がかかりません。他にも安く手に入る材料や設備の仕様や大量仕入れで価格を抑えているなどさまざまな理由があり、土地と建物あわせても安く買えるよう価格が設定されています。

・土地と建物あわせてた価格が安い
・建売が安いには理由がある

注文住宅より建売住宅の方が安いはウソ!?

よく建売住宅のメリットとして、建売住宅は安いということが言われますが、その理由としては設備や内装などのグレードが平均的なものを使用していることや、同じ住宅が立ち並ぶ分譲住宅では、大量の材料を安く仕入れができるといったことが挙げられます。

しかし、データから見ると必ずしも建売住宅がすべて安いというわけではありません。

こちらについては以下の記事にまとめていますので、ご確認ください。

関連記事 建売住宅と注文住宅の相場比較!建売住宅は完成後1年間近がお買い得!?

完成した建物を見てから購入できる

建売は、完成した物件を確認してから購入するので、購入前からどういった生活を送りたいかイメージして購入できます。

・実際に完成した建物を確認するので、イメージがしやすい

購入までの手間がかからない

建売のメリットは、注文住宅と比較して購入までの手間がかからないことです。注文住宅は土地を探したり、間取りを考えたりととても時間がかかります。

建売は、土地と建物がセットで販売されているので、土地を探す必要も建物の間取りを考える必要もありません。販売価格も最初から提示されていますので、気に入れば購入してすぐに入居できます。

・建売は、注文住宅と比較して購入まで手間がかからない
・土地探しや間取りを考える必要がない

注文住宅派が特に重視するメリット

注文住宅派が特に重視する3つのメリット

注文住宅を選んだ人が特に重視するメリットとして挙げるのがこちらの3つです。

  • 希望通りの間取りやデザインで建てられる
  • 施工会社を選択できる
  • 予算を調整できる

希望通りの間取りやデザインで建てられる

注文住宅を選ぶ人はこだわりが強く、建物の構造や間取り、材料の仕様、システムキッチンなどの設備を自由に決めることができる注文住宅を選択する傾向があります。

予算の制限はあるものの、建売住宅で希望通りの家を見つけることはきわめて難しいため、少しでも希望通りの家を建てたいという方には注文住宅がオススメです。

しかし、注文住宅でも、ある程度仕様が決まっているセミオーダー住宅を提供するハウスメーカー・工務店が多いので、完全な自由設計を希望する場合は、建築設計事務所へ依頼される方が多いです。

・間取りやデザインを自由に決められる
・注文住宅でも仕様がある程度決まっているセミオーダー住宅がある

施工会社を選択できる

全国にはハウスメーカー・工務店が多く存在します。地震に強い家をウリにするハウスメーカーもあれば、室内の快適空間を提案する工務店など各社それぞれに特徴があります。

注文住宅では、ご自身が希望する家を建ててくれる施工会社を選択できるのも、注文住宅のメリットですが、現実的には予算内で建ててくれる業者に依頼する傾向が強いです。

中には、建築条件付き土地といった施工会社が決まっている土地もありますが、基本的に注文住宅は自由に土地・施工会社を選べます。

・施工会社を自由に選択できる
・建築条件付き土地といった施工会社が決まっている土地もあるので注意が必要

予算を調整できる

建売住宅の場合は、最初から販売価格が決まっているので、予算内での建物を探せば問題ありませんが、必ずしも100%満足できるような家を探すのは難しいです。

注文住宅の場合は、自由に仕様を決められる反面予算オーバーすることはよくありますが、見直して不要な部分を削ったり、グレードを下げたりと金額を調整できます。

注文住宅では、こだわりたい部分にはお金を使い、こだわりのない部分には無駄なお金をかけないなど自由に調整できるのもメリットの1つです。

特にお金をかけたくない方は、ローコスト住宅をウリにしている業者を探す傾向がありますが、「安かろう悪かろう」の業者もいますので、選択には注意が必要です。

・お金をかけるところとかねないところを調整できる
・ローコスト住宅は業者選びに注意が必要

建売住宅と注文住宅の比較

建売住宅と注文住宅のメリットデメリット一覧

ここまで、建売と注文住宅のメリットで特に感じるポイントを説明しましたが、それ以外にも比較から見えるメリット・デメリットがいくつもあります。

建売住宅のメリット
  • 土地・建物セットで価格が安い
  • 完成した建物を見てから購入できる
  • 購入までの手間がかからない
  • 土地を探す手間が省ける
建売住宅のデメリット
  • 間取りやデザインがありきたり
  • 間取りが変更できない
  • 設備やオプション追加で金額が増加する
  • 工事過程をチェックできない
  • 近隣住宅と距離が近い
注文住宅のメリット
  • 希望通りの間取りやデザインで建てられる
  • 施工会社を選択できる
  • 予算を調整できる
注文住宅のデメリット
  • 打ち合わせに時間がかかる
  • 入居するまでの期間が長い
  • 完成後でないとイメージ通りの建物か分からない

土地探し

建売か注文住宅で悩んでいる方は、基本的に土地を持っていない人ということですが、建売では土地と建物がセットで販売されているため、わざわざ土地を探す手間がないメリットがあります。

注文住宅では土地も探さなければいけないので、デメリットに感じますが、土地探しのメリット・デメリットは地域によります

土地が見つかりやすい地域(地方)
  • 土地が余っているので見つけやすい
  • 建物条件付き土地が少ない
  • 坪単価が比較的安いので広い土地を手に入れやすい
土地が見つかりにくい地域(人気エリアや都市部)
  • 土地が全然見つからない
  • 建物条件付き土地が多い
  • 坪単価が比較的高いので広い土地は手が出ない
  • 建売住宅でも立地がよくない

土地が見つかりやすい地域(地方)

土地が見つかりやすい地域は、注文住宅でも土地探しにほとんど苦労しません。人気エリアでは、建物条件付き土地が多いですが、土地が余っている地域では条件なしのところが多いです。

坪単価も比較的安いので、広い土地を手に入れやすく、希望の建物を建てられます。

土地が見つかりにくい地域(人気エリアや都市部)

人気エリアはハウスメーカー・工務店や提携している不動産会社が市場に出る前に土地を押さえるので、なかなか希望する土地が見つかりません。

建売は販売業者も売り切らなければいけないので、比較的利便性のよいエリアに建てますが、人気エリアでまとまった土地を購入するのは、業者でも苦労するので、立地のよい場所の建売住宅も少ないです。

・土地探しのメリット・デメリットは地域による
・人気エリアや都市部は立地の良い建売住宅が少ない

間取りやデザイン

最近ではモダンでオシャレなデザイン住宅も増えていますが、建売は、基本的に一般的な用途の部屋がある普通の間取りが多いです。

業者も売り切るために、万人受けするデザインや間取りで販売しますが、特にこだわりがなく安くて住めればいいという方には、あまりデメリットとはいえません。

注文住宅は、自由に間取りやデザインを決められるのがメリットの一つですが、建築条件付き土地では間取りや仕様など制約を設けている業者も少なくありません

間取りやデザインにこだわるなら、どこまで対応可能か事前に確認しておくと失敗しません。

・万人受けする間取りやデザインは、特にこだわりがない人にとってはデメリットでない
・建築条件付き土地では、間取りやデザインの対応可能範囲を確認する

建物のイメージ

建売では、間取りや設備などを実際にみて触れて、どうやって生活するのかリアルに感じることできるので、購入後でもイメージと違ったと後悔することが少ないのがメリットです。

注文住宅では、イメージ通りの建物かどうかは完成してからでないと実感が持てません。中にはイメージと違っていたと落胆する方もいますが、模型や3Dパースなどでイメージができるので、担当者にどこまでイメージ作りの対応ができるか確認しておくと失敗が少ないです。

・実際に完成した建物を確認するので、イメージがしやすい
・注文住宅では、どこまでイメージ作りの対応ができるか確認する

工事過程

注文住宅では、建築途中の工事過程を自由にチェックできますが、建売では、すでに建物が完成しているため、どういった過程で建てられたのかチェックすることができないのがデメリットの一つです。

現場をチェックできても何を見たらいいか分からない方が多いですが、「注文住宅入門書」を読み進めると注意ポイントをまとめた記事もあるので、そちらでご確認ください。

建売は欠陥住宅が多いとよく言われますが、不安に感じる方は第三者機関の建物診断を打診してみるのもひとつの方法です。

施工に自身のある販売会社は、診断に好意的で、そうでない会社は難色を示しますので、判断の一つにするとよいでしょう。

・注文住宅では、建築途中の工事過程を自由にチェックできる
・欠陥住宅に不安に感じる方は第三者機関の建物診断を打診する

価格

価格は、注文住宅より建売が安いというイメージがありますが、販売価格の中には含まれていないオプションがありますので、必ず確認しましょう。

例えば、販売価格を抑えるためにリビングの床暖房やキッチンの食器洗い乾燥機、浴室のテレビといった設備は完備していなかったり、テレビアンテナや網戸といった生活するのに必要なものもオプションになっている場合もあり、トータルで金額を算出すると予算をオーバーになることも。

建物以外にも敷地内の庭やウッドデッキ、フェンス、門扉、カーポートといった外構工事もオプション扱いで、注文住宅と変わらない金額になることもあるので、販売価格にどこまで含まれるかしっかり確認しましょう。

これは、注文住宅でも同じことがいえます。

・建売の販売価格にはどこまで含まれるのかを確認する
・注文住宅でも、モデルケースで金額提示された場合は、オプションを確認する

入居するまでの期間

建売は、気に入ればすぐ購入できて住むまでの期間が短いのがメリットです。建売と比較して注文住宅は、土地を購入したらどういった家を建てるのか設計から施工完了まで何ヶ月も時間がかかるのがデメリットです。

ただし、こだわりがあって時間をかけても後悔しない家作りを重視している方にとっては、時間をかけたほうがよいという人も多いので、そういった方にとってはそこまでデメリットとはいえません。

・建売は購入から住むまでの期間が短い
・注文住宅は、計画から施工完了まで数ヶ月もかかる

建売住宅に向いている人はこんな方

住宅に向いてる人はこんな方です。

  • 土地を探すのがめんどう
  • 土地建物の価格を安く抑えたい
  • 建物を見てから購入したい
  • 時間や手間をかけたくない

基本的に家を買う(建てる)のに時間をかけたくない方は、建売住宅がオススメです。建売を選ぶ方は、内覧して気に入ればすぐに購入できて、住むまでにスピーディーに完結することに対してメリットに強く感じる傾向があります。

価格面でも土地建物合わせた価格で販売されているため、予算内で見つけたいという方にも建売がオススメです。

注文住宅に向いている人はこんな方

注文住宅に向いてる人はこんな方です。

  • 間取りやデザイン、材料にこだわりたい
  • 希望する土地に家を建てたい
  • 打ち合わせが苦痛ではない
  • 家づくりを楽しみたい
  • 価格を抑えたい(ローコスト住宅)

注文住宅は、理想の家を建てたい気持ちが強い傾向にあります。注文住宅は建売よりも時間がかかりますが、家が建つまでの工程も楽しめる方には、注文住宅がオススメです。

価格面でもとにかくローコスト住宅にこだわる方も色々ご自身で調べて、建売よりも安いローコスト住宅を建てられた方もいらっしゃいます。

しかし、こだわりたいけど打ち合わせが煩わしいと感じる方は、業者任せにする傾向があるため、そういった方は建売がオススメです。

まとめ

改めて建売・注文住宅を選ぶ人が特に重視するメリットや建売・注文住宅のメリット・デメリットをまとめると以下になります。

建売住宅を選ぶ人が特に重視するメリット
  • 土地・建物セットで価格が安い
  • 完成した建物を見てから購入できる
  • 購入までの手間がかからない
注文住宅を選ぶ人が特に重視するメリット
  • 希望通りの間取りやデザインで建てられる
  • 施工会社を選択できる
  • 予算を調整できる
建売住宅注文住宅
メリット気に入ればすぐ購入できて住むまでの期間が短い自分の希望通りの家を建てれる
土地を探す手間が省ける予算を調整できる
建物が完成しているのでイメージしやすい施工会社を選択できる
デメリットデザインや間取りがありきたり打ち合わせに時間がかかる
間取りや仕様を変更できない入居するまでの期間が長い
工事過程をチェックできない完成してからでないとイメージ通りか分からない
近隣住宅と距離が近いこだわり過ぎると予算オーバーしてしまう
設備やオプション追加で金額が増加

大きな特徴としては、「住むまでの期間」と「間取りやデザイン」の違いです。すぐに住みたい方は建売、家にこだわりたい方は注文住宅といったように分かれることが多いです。

メリット・デメリットから比較してどちらがご自身にあっているか選択して次へ進みましょう。

 

マイホームの選択でどちらか決めた方は、次はどれぐらいの建物を購入できるのか家賃から大まかな予算を把握していきます。

マイホームの選択を決めた方へ

【注文住宅を選択】

【建売住宅を選択】

【マンションを選択】

建売と注文住宅の価格相場を知りたい方へ

価格を一番重視している方が特に知りたいのが、価格相場です。相場は地域や構造によって異なるため、相場の幅が大きいですが、価格の相場感からどちらか決めたい方は確認しましょう。

マンションも選択肢に考えている方へ

マンションと戸建て住宅のどちらかで悩むときにメリットやデメリットで比較しますが、メリットやデメリットは、どのライフステージに立っているかで感じる強さが違います。そんなときは、住生活のライフステージごとに考えると選択しやすくなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました