建売住宅で地鎮祭をやらないは常識!?やりたい時は竣工祭でもOK!

家を建てる前に行う地鎮祭ですが、建売住宅を建てる時にちゃんと行われているか気になりますよね?

結論から言えば、「建売住宅では地鎮祭を行わないケースが多い」です。

最近は、注文住宅でも地鎮祭をやらない割合が増えていますが、地鎮祭をやっていなくても建物の完成後に行う竣工祭で祈願できます。

こちらでは、建売住宅でも地鎮祭が行われているか気になる方地鎮祭をやっていなかった時の対処法を知りたい方向けに、気になる点をまとめて解説していきます。

主な要点
  • 建売住宅での地鎮祭の実態と行われていない理由
  • 建売住宅でも地鎮祭はやったほうがいいのか?その対処法は?
  • 竣工祭とはどのようなものか?

地鎮祭とは?

地鎮祭とは建物を建てる前に土地の神を祭って工事の無事を祈る儀式のこと

「そもそも地鎮祭って何のためにするの?」と疑問に思っている方も多いと思いますが、地鎮祭(じちんさい)は、建物を建てる前に 『土地の神を祭って工事の無事を祈る儀式』のことです。

簡単に言えば、神様へのご挨拶といったところですね。

地鎮祭とは、建物を建てる前に土地の神を祭って工事の無事を祈る儀式のこと

建売住宅で地鎮祭は行われていない!?

マイホームを持ちたい場合の選択肢として、すでに建っている「建売住宅」を購入するか、一から建築する「注文住宅」を建てるかの2パターンです。

注文住宅では、ほとんどの家で地鎮祭を行いますが、最近は気にしない人や費用を節約するために行わないケースも増えています。

建売住宅では、基本的に地鎮祭を行わないケースが多いですが、分譲地全体でまとめて地鎮祭をすることもあります。

地鎮祭の有無確認

建売住宅の場合は、すでにお客さんが購入する前に建物が完成していますので、地鎮祭が行われた有無については、販売業