ポストの種類と特徴まとめ!種類別のメリット・デメリットを理解しょう!

外構に取り付ける郵便ポストは、生活する中でも欠かせないエクステリアアイテムのひとつです。

ポストのカラーによっては家の外観のイメージを大きく変えます。

ポストの役割は郵便物を入れるための箱ですが防犯面にも十分注意しなければいけません。

新築で住宅を建てるときには、毎日使うものなので、色やデザインで決めるのではなく機能性や大きさなどしっかり考えましょう。

こちらでは、ポストの種類や特徴防犯対策などについて、わかりやすく解説していきます。

ポストの種類

自宅用の郵便ポスト(郵便受け)には様々な種類があり、主に以下の3つの種類があります。

  • 独立型ポスト
  • 埋め込み型ポスト(口金ポスト)
  • 壁掛け型ポスト

独立型ポスト

独立型ポストとは、専用のポールを地面に埋め込み、ポールにポストを固定するタイプのことです。

どの場所でも設置することができ、家の目印として強い存在感を示せるタイプでもあります。

また、とてもシンプルでデザイン性の高いものもあり、オープン外構に向いています。

ポスト以外にもインターホンや表札などが一体になった機能門柱もこの独立タイプが多いです。

ボールを地面に埋め込むための基礎工事が必要なりますので比較的施工費が高めです。

埋め込み型ポスト(口金タイプ)

埋め込み型ポストは、門柱や塀、家の外壁などにはめ込むタイプのポストです。

金属の開口部のみが壁面に見えているタイプは、コンパクトでとてもシンプルなデザインにおさまります。

このタイプは、口金ポストと呼ばれています。

横と縦それぞれに取り付けるタイプのものがあります。

門柱に取り付ける場合は敷地境界線上に設置することが多いため敷地内への侵入を防ぐ効果があります。

家の外壁に取り付ける際には郵便物が家の中にから取り出せるため郵便物の盗難を防ぐ効果があります。

ただし、敷地内に入る必要があるため、クローズ外構には向いていません。

それ以外にもホストを家の外壁に埋め込むことで機密性能にも影響してきます。

特に高気密高断熱の住宅の場合は、設計段階からしっかり検討しましょう。

壁掛け型ポスト

壁掛け型ポストは、家の外壁に直接取り付けるタイプのポストです。

埋め込み型ポストは、家の外壁に埋め込みましたが、ネジで取り付けるため比較的簡単に設置が可能です。

独立タイプよりも場所を取らず、施工費も比較的安いのがメリットです。

ただし、重さがあると耐え切れなくなるため、奥行きが浅いものが多いです。

ポストの鍵の種類

ポストの鍵にはいくつかの種類があります。

ポストの鍵は防犯対策にもなりますが、利便性も考えてどれを選ぶか決めましょう。

ポストの鍵の種類には主に以下の3つがあります。

  • シリンダー錠
  • ダイヤル錠
  • T型カムロック

シリンダー錠

シリンダー錠は、物理的に鍵を使って開け閉めするタイプです。

鍵がなければ開けることができないため、ポストの中身を盗み見されることはあまりありません。

ただし、ポストの鍵を保管する必要があるため紛失してしまうリスクが発生します。

ダイヤル錠

ダイヤル錠は、ダイヤルを回して決められた数字に合わせてあげることができるタイプです。

マンションなどのポストでよく見られます。

シリンダー錠と違って鍵の保管の必要はありませんが、 鍵を開ける番号覚える必要があります。

また取り出しについてもシリンダー錠タイプよりは時間がかかります。

T型カムロック

T型カムロックは、 鍵を差すと本施錠が可能ですが、 キーがなくても簡易施錠可能です。

つまみと鍵の一体デザインとなっています。

コメント