台風で壊れたカーポートは火災保険で修理できる!?無料調査で保険金ゲット!

台風や大雪などでカーポートを破損したり、倒壊することがありますが、 修理費もかなりのお金がかかります。

急な出費は痛いですが、もしも火災保険に加入している場合は保険内容をチェックすることで保険金でカーポート修理できるかもしれません。

こちらでは火災保険でカーポートの修理が適用されるのか、適用条件について、わかりやすく解説していきます。

火災保険とは?

火災保険とは、「建物」と建物の中にある家具や什器などの「家財」が火災のよって損害を受けた場合に補償する保険のことです。

つまりは、「家財」と「建物」は別々に補償されるということです。

自然災害は火災保険の対象か?

現在の火災保険は、保険の自由化によって各保険会社ごとに保険料率や内容が異なり、名前こそ「火災保険」ですが、火災だけでなく「水災」「風災」「雪災」「盗難」など様々なものに対しても補償されています。

台風や大雪の場合は、カーポート以外でも住宅の屋根や雨樋などが被害を受けることが多いです。

火災保険は、家屋が火事になったり、台風や大雪などで損害を被ったときに、万が一に備えて加入する保険です。

一般的に家屋だけが対象と思われがちですが、家の敷地内にあるカーポートや門扉、フェンス、物置などは家屋の付属設備として位置づけられているため、火災保険の対象となります。

カーポートは特に自然災害で被害を被ることが多いので何度も屋根を交換している方は、火災保険の内容を確認しましょう。

補償の範囲をチェック

火災保険には、さまざまな自然災害もサポートされていますが、どこまで補償を含めるかも自由に決められます。

例えば、雪があまり降らない地域であれば「雪災」にあることはほとんどありませんが、もしも記録的な大雪でカーポートが倒壊してしまった場合に「雪災」を補償範囲に含めていなければ、カーポートの修理費用を火災保険で賄うことはできません。

補償金額

自然災害の補償範囲は単に災害の種類だけでなく、補償金額も影響してきます。

例えば免責事項なので最大10万円までの契約であれば、カーポートの修理代が30万円かかった場合でも10万円しか補償されません。

火災保険で賄うことができる金額を差し引くと

30万円-10万円=20万円

が自己負担のカーポートの修理代となります。

自動車の破損は自動車保険で

積雪によりカーポートが倒壊した場合、自動車にも被害が及ぶ場合があります。

自動車は火災保険の補償対象外となりますので、その場合は自動車の自動車保険で保証対象であれば損害保険金をもらえます。

フランチャイズ方式に注意

火災保険の補償の範囲でカーポートが損害や倒壊をした場合に、注意しなければならないのはフランチャイズ方式の制限です。

フランチャイズ方式とは、損害被害額が一定額に達しない場合は、まったく補償されない契約のことです。

例えば、20万円を一定額として設定されていた場合は、カーポートの損害額が19万円であれば、まったく保険金が支払われず、20万円を超えた場合のみ、保険金が支払われます。

火災保険の認定はプロにお願いするのが一番

火災保険の内容をチェックする際にはいろいろな情報が書かれています。

免責事項などは細かい文字で書かれていることも多くどこまでの範囲が保証されるか全く分からないことも多いです。

自分で保険会社でやり取りするのが不安な方は保険金がおりるのかどうか無料でチェックしてくれる火災保険無料調査サービスもあります。

無料調査だけでなく、申請までトータルでサポートしてくれますので、相談したい場合は便利です。

単に火災保険が降りるのかどうかを確認するだけでも利用できますので、必要な方は利用しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました